鯉川酒造

LINEで送る
Pocket

■鯉川酒造

 

別嬪(べっぴん)を嫌う男性は稀だ。

私も例外ではない。会社帰りにクールダウン。家にストレスを持ち込まない、大切なお勤めであります。

頭を切り替える必要があり、時々、裏通りの暖簾をくぐる。

「にほん酒や」

その名のとおり、日本酒と青森の郷土料理をいただく。

 

鯉川酒造(山形)のにごり酒を熱燗でいただくのが通例。

あら、【Beppin】デザインが変わった。

 

以前のデザインがこれ⤵

 

新しいデザインがこれ⤵

 

どうですか?

少し風情がでましたね~

洋から和(お着物(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

鯉川酒造は1725年から山形で営む酒造。

 

有名なのは、亀の尾というお米で作る「好日」

庄内平野が味わえます!

寒くなってきたので温まる話でした(^_-)-☆

 

 

LINEで送る
Pocket

隠れ家

LINEで送る
Pocket

■大人の隠れ家

 

世の男どもは50歳後半以降になると、妙に、自分だけのモノコトにこだわる(頑固、わがまま)。いかに日常が下げすまされているか、いや、他人にどう思われてもいいのだ的な社会参加姿勢とのことが、よく分かる。

 

そこで、「秘密基地」とか「大人の隠れ家」が、お気に入りとなる。

では、その隠れ家をひとつ紹介しよう。

「黒ねこ」 吉祥寺

入口から怪しさ満載。おそるおそる階下に降りると、頃合いの良い寛げる空間が登場する。

吟味した素材にプロの技が施され、美味しさが波打つ。当然、飲み物も取り揃えがいい。

 

 

「黒」は個性である。猫は怪しさ。

怪しい親父が集まることになる。やんちゃな若者もいるらしい(笑)。ここ吉祥寺では、「黒」+「ねこ」=ジブリの【魔女の宅急便】となる。

この雄猫の名前は「ジジ」、よくできている(^_-)-☆。白猫では全く違うストーリーになる。キキの成長で会話ができなくなる黒ねこのジジ。マイキャットとの会話は子供ならではだ~。

 

今日の怪しい親父・隠れ友は、SHIPの小松社長。30年も前からの間柄だ。

 

一緒にブダペストやニューヨークに行ったときの話題が自然にでる。

会話が幾重にも折り重なり、美しいハンガリーの情景やアムトラックの大きな座席がでてくる。当時を何倍も美化し、楽しむことができる。想い出話というのはそういうものだ。

 

ハンガリーはアジア人には親しめる土地だ。その歴史が【ケルト⇒マジャール⇒モンゴル⇒オスマン⇒現在】。みたいな大雑把な支配の流れからもそうだ。ブダの丘からドナウ川対岸のペストの美しい街並みをいちぼうしながら、オランダのビールを味わう、少し濃厚な味だけど、気候にぴったりの味だ。過去に飲んだビールで最高の味がそこにあった。

いつか、オーストリアのウィーンから船でブダペストに入って、バスでチェコに抜ける三都物語を考えていたが、時間が流れ、そのままだ。ちょい悪の旅は、まだまだ続く。

 

 

LINEで送る
Pocket

3rd.

LINEで送る
Pocket

■3rd.

 

早速、社員といっしょに改装したビル1階のレストランに行きました!

 

「3rd」

 

外から入ると少し暗いように思えた店内も慣れてくると、快適な大人の空間に早変わり。

 

メニューもシンプルに1枚で分かるように工夫されていました。

ドリンクも同様。

 

ワインは種類としては少ないですが、ポピュラーなオープン品種で品揃えされていました。オープン直後のメリットとして、まだ、不慣れなホールの方々が、グラスにそそぐワインの量を理解していないのか、たっぷりコースでいただけました。

 

ボトルで頼んでも4名のグラスにそそぐと残りがほとんどない状態(笑

これはグラスで頼むのがお得と瞬間に判断!!

さて、お食事はどれも美味しかったです。

トリュフのポテトフライ

マグロ頬肉のサラダ

タンドリーチキン

牛ステーキ

ムール貝などなど

トリュフがとても香りがよく、美味しかったですね~

おかわりしてしまいました。

黒トリュフです。白トリュフは産地も限定されますし、高価です。

イタリアの北部でトリュフを採るところを見学に行きましたが、犬がトリュフの場所を当てるのです。

犬小屋にはたくさんのトリュフ犬がいました。

もともと、鼻のきく豚を使っていたらしいのですが、豚は掘り当てると自分で食べてしまって、ダメになったとのことでした。

犬は教えたら、きちんと、採取犬になるけど、豚ちょっとおバカさんだったようです(笑)(^_-)-☆。

 

是非、足を運んでみてください。

LINEで送る
Pocket

Joji-Plaza

LINEで送る
Pocket

■ニューオフィスビル

 

と言っても、引っ越した訳ではない。

愈々、待望のリニューアルオープン(第一ホテル⇒吉祥寺エクセルホテル東急)です。

 

「Joji-Plaza」、懐かしい響きだ。歳が分かってしまう。

ネーミング、ジョージと「プラザPlaza」ときましたか。

英語のPlazaはショッピングセンターのイメージが湧いてくる。が、この建物のショップ、それほどの規模感ではない。スペイン語だと「広場」。イタリア語だと「Piazza」。時々、「Pizza」と読み間違えていた(笑)。18歳のときに田舎から上京、初めて住んだ町がここ、ジョージだ。

 

お猿のジョージではない。

ジャズやヒッピーぽい光景に溢れていた街。プンプン匂っていた、ここ吉祥寺

昔から若者の街だった。駅前の三菱銀行の横に本当に小さな画材店があって、良く油絵具を買っていました。

当時からハモニカ横丁はあった。今はない「峠」、囲炉裏で竹筒の酒を飲んでいた(笑)。

三浦屋(今は靴屋)の下のとんかつ「美とん」もその頃からあって、とんかつランチが400-500円ぐらいだったか? 下宿の一橋大学や明治大学の学生たちと時々食べにいきました。成蹊大学前に「バンビ」という洋食屋があって、ここも行ったなぁ、今は残念ながら閉店。

 

その頃はジョージで通じていた街も、いつしか、吉祥寺。

ここは大きな寺院が多い。地主でもある。

日本一金持ちのお寺との噂が絶えない。

 

井の頭公園。井の頭動物園。井の頭植物園。

良く、行きました~

ボートに乗りましたね~

弁財天も良いですよ~

さて、会社がこの地に居を構えたのは、2015年4月。ヨクヨク縁が深い。

 

いま、新しく改修されたビルが10月28日(本日)オープン!~~~。しかし、「Joji-Plaza」の命名は年配者が付けたに違いない。弊社にも、ようやく、インテリジェンスの波が少し加味された、このビル。

 

新しいレストランも入っているので、探訪が楽しみです。

 

また、レポートいたします。

 

では♪

 

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
Pocket

■弊社訪問は夕方で~

 

わが社(オフィス)の裏通りは「魅力」でごった返している

本当の話。

 

吉祥寺が住みたい街ランキングで上位にくるなら、その吉祥寺で我オフィスの裏通りはナンバーワンの魅力通りだ。

 

「裏」というと、何か不気味だけど興味が湧いてくる、覗いてみたい誘惑にかられる言葉だ。エキゾチックというか、ちょい悪というか、未知の世界というか……。投資の世界で有名な格言がある。人の行く裏に道あり 花の山】 他人と同じことをやっていては資産(成功)が増えない。とのこと、投資のことを表現した面白い格言。キッチン裏まかない食が魅力というのも、事例としては有だろう。

 

裏の魅力に取りつかれた、ということは、どういうことだぁ~、家に真っすぐ帰れないってこと、いいえ、オフィスの裏は最高級ってことですね。

 

つまり、住みたい街の中にあって、飲食ナンバーワンが裏にゴッソリ控えている我オフィスのパフォーマンスが最高とのこと。

 

ふっくらジューシーな焼き鳥の「おお川」、他にも2件焼き鳥屋さん。それから、1皿500円を基本にした、ホルモン焼き「マル保」、青森の郷土を感じさせ、かつ、江戸を意識した大人気の「にほん酒や」、こちらも予約が満杯の「やぐや」鯖焼き、ぎょうざから、カレー、各種肴とアラカルトたっぷり、そして、週に一度はランチするイタリアン・スパニッシュ「RIGOLETTO」(吉祥寺が第1号店の噂)、フグ割烹、ハンバーグに定食屋、銀座で修行した天ぷら屋さん、フレンチ……、いやいや、あらためて魅力にあふれているわ~!!

 

 

何も夜のことでオフィスを決めている訳ではない。なるべく金融機関が入っているオフィスを選ぶようにしている。なぜなら、金融庁の建物フィルターをクリアした状態だから、セキュアで安心感があるし、すぐ下が銀行など、何かと便利だ。ましてや、コンビニが50メートルの距離(隣)にある。

 

ちょっぴり残念なのは、セブンイレブンでないことだ。コンビニはやっぱり「セブンイレブン」に限る。パフォーマンス、商品企画、商品展示などなど。他を圧倒している。

ま、ここは仕方ない。優先度中ぐらい。

 

ビル最上階のオフィスで、エレベータが滅茶苦茶遅く、そのくせ、エレベータのドアが直ぐに閉まってお尻を良くぶっつけてきたけど(笑)、最近の改修で普通になった、改修の施工が粗くて設計も私としては?だけど、まぁ、随分良くなった。デザインや施工の悪さはもう個性だ。古い外壁が茶系のタイル、そこにつながる外壁がグレーになった段階で目が…

いや、少なくとも黒か同系色でしょ~!

 

シール壁に素材の違う金属の幅木、厚みも違えば素材も違うから浮き上がっている。

ここの仕上表はちんどん屋的なノリ、まぁ、社員教育としては、やってはいけない個性で使えるからOKとしよう。

 

慣れればいいだけです(;^_^A💦

 

裏通りが最高だから、ビルの改修レベルは個性という話です、

ホテルと同じ棟ですから、出張対応もできます。是非、わが社の訪問は夕方でお願いいたします。工事騒音も、あと少しの辛抱~。

 

裏に対して表の稼業、わが社のリノベも個性にならないように、頑張ります!

LINEで送る
Pocket

Bambina

LINEで送る
Pocket

本当に可愛らしいトラットリア

IMG_0886

通勤の途中にあるトラットリアです。

カウンター数席とテーブルひとつのかわいらしさです。名前も女の子で、ぴったりです。

時々、ここでイタリアンを頂きます。

先日、家で作ったペペロンチーノをプロの味で頂きました。美味しかったです。

IMG_0880

どっさりサラダ

最初にみずみずしい野菜サラダが登場するランチです。オリーブオイルと胡椒がきいています。

もっちりパン

そして、ふっくると焼き上げた熱々のパンです。もっちりして美味しいですよ。IMG_0882

IMG_0884

オイリーなパスタ

そして、シンプルにオリーブオイルで仕上げたパスタです。唐辛子がきいていてグッドです。

やはり、イタリアンが好きですね。

 

 

LINEで送る
Pocket

ペペロンチーノ

LINEで送る
Pocket

昨日は午前中のみ仕事をして、家でベーコンとオクラのペペロンチーノ。それから豚と白菜のスープを作りました。そして、ビールです。

両方とも少しピリ辛系に仕立てました。ペペロンチーノにはエリンギも入れてます。白菜と豚は相性がいいですね、パフォーマンスも最高。これに鷹の爪。ときにタラと豆腐。最後に青ネギというコースもあります。味ですが、スープに塩と日本酒(昨日はあさ開の純米)を加えてベースをつくり、天下の宝刀、味ぽんを少しいれることで整えます。

25日、月曜ということで、朝、社内会議。それから、月次の振込処理、メールを20通ぐらい送ってから昼食です。

IMG_0878さて、本日は夜があるので、昼は軽くということで「吉野家」に行ってきました。直ぐに出てくるところが大変気に入っています。

ご覧のように、紅ショウガ、半熟たまご、そして、七味唐辛子をこのデザインに仕立てます。

このようなスタイルにいつしかなっています。

複数の味が楽しめるからです。本来の牛丼。ちょっと唐辛子の効いた牛丼。紅ショウガ味の牛丼。まろやかな卵味の牛丼。たまごと紅ショウガと唐辛子味の牛丼。

「たかが牛丼されど牛丼」でした。

 

LINEで送る
Pocket

サバ塩

LINEで送る
Pocket

小雨が降るので小走りで裏のビル3階に走り込む。

「やぐや」さん、矢口さんの家という感じでしょうか。

ここの人気1位はチキン南蛮のようですが、私の定番は焼き魚のサバ塩です。

IMG_0871.jpg

サラダ、サバ、小鉢、漬物、みそ汁、ご飯、これにデザートがつきます。

いい具合に焼けています。ジューシーですよ!

熱々のお椀。デザートは黒ゴマプリン。

青魚は身体にいい油?とのことで、見事にきれいに頂きました。

 

LINEで送る
Pocket

鉄板焼き

LINEで送る
Pocket

創業以来初の大感謝祭の興奮(ビックリΣ(゚Д゚)価格!)も少し落ち着きを取り戻したので、コンビニおにぎりと立ち食い蕎麦から解放されて、ようやく外でランチです。

限定20台もあと僅かです。皆様価格に敏感です!

さてさて。

皆さん、鉄板焼きって、和食それとも洋食??

吉祥寺で古くから営む「一鐵(いってつ)」さんに来ています。

時々食べにきます。

ここのランチの良いところは、魚と肉の両方を食べられることです。ちなみに、本日はカジキマグロと牛肉の鉄板焼きでした。サラダとスープとドリンクがついて1080円です。

店内にはお箸がズラリ。そうです、お箸でいただきます。ここで和食!??

どうやら和食説が多いですね、確かに海外ではあまり見かけないスタイルです。

鉄板で焼き上げるのは、野菜でも素材の味が素直に楽しめます。

食としてのパフォーマンスは高いですね!

 

LINEで送る
Pocket

洞窟のなかで

LINEで送る
Pocket

IMG_0846●くぐつ草

「くぐつ草」でカレーを頂くときは、体調が悪くスパイスが欲しいとき、昼だけど夜の落ち着きが欲しいとき、集中力を発揮して何かを記憶するとき……。

今日は体調・スパイスの時です。ゴツゴツして暗い空間に潜んできました。食べ終わると明るいところに出て、元気がぐっと湧いてきます。

●スパイシーなカレーで元気

●傀儡

それほど辛くはないのですが、スパイシーさが元気をくれます。Coffee Hall くぐつ草は、「江戸糸あやつり人形劇団 結城座」の劇団員の手で昭和54年春に開店したそうです。又吉直樹さんがテレビで紹介したこともあるようです。

傀儡とか傀儡師と関係がある名前のつけ方ですね。

IMG_0847アーケード ダイヤ街出口近くの地下です。

 

 

 

LINEで送る
Pocket