梟(森の賢者)CREPUSCULE

LINEで送る
Pocket

吉祥寺駅から成蹊大学方面に住宅街を歩くと少し変わった建物が現れます。これが本日のランチをいただく、森の賢者・クレプスキュール・カフェです。カフェですから、ゆっくりと思考を整理したいとき、今日のように静かに打ち合わせをしたいときに利用します。

この隠れ家的な要素の土台は無垢材をフンダンに使った木の香り空間、そして、手入れの行き届いたオイリーな香り、飛び込む木目模様、天井の大きな梁などの演出によります。これが癒しにつながる落ち着きとなります。

レストランの外側と中の写真です。リゾートっぽい郊外のオブジェです。中はご覧のように、欅、オーク、楢、栗、ひのきなどで構成されています。大梁もそうです。

IMG_0830

椅子はトントーネットです。

さて、料理です。

今日のランチは、黒毛和牛とフォアグラのオムライスにしました。ビーフライスですね。メニューには、ガレットが多くあります。

スープとサラダがセットです。スープは、ジャガイモの冷たいやつです。月曜日からランチミーティング。ランチを食べながら、ゆっくり話をすると意外に聞く耳ができます。満たされたお腹と思考の関係のせいでしょうか。困った相談ほど、ランチで行うのが良いかもしれません。

ちなみに、ここにある本棚の書籍、私が学生時代に読んだ本が何冊かありました。例えば、柴田翔の「されどわれらが日々」とか。同じ時代を生きているオーナーの気配でしょうか。甲府にも系列店があるようです。

LINEで送る
Pocket

作りつつ飲む

LINEで送る
Pocket

今日のランチは家で作ります。

タコと砂肝とナスの炒め物。これはじゃがいもをあらかじめ10分レンジしておいて、皮をつけたままです。レンジがおわったら、端をカットして簡単に手でツルリと皮をむけるようにします。次に庭のローズマリーをとってきて、みじん切り。ジャガイモをつぶした上に香りづけとアクセントでローズマリーを混ぜます。その上に炒めたタコなどを盛り付けます。最後にイタリアンパセリを乗せて完成。

もう一つのフライパンでは、ランプ肉をゆっくり塩コショウして外側は割とパリパリに焼きます。30分ぐらいかけて、ゆっくりです。箸で触るとブヨブヨ感が分かります。今日はたっぷりと焼き上げることにしています。ガーリックも途中から炙ります。

IMG_0816

ワインはイタリア・ピエモンテン州のGRIGNOLINO(グリニョリーノ)です。CICCIOから仕入ました。モンフェッラートのDOCワインです。淡いルビー色。柔らかなタンニン。そしてコショウの味わい。とてもエレガントで歴史のある味です。香りは白っぽい小さな花をイメージさせる爽やかな香りです。グレープフルーツ的でもあります。カンティーナはCASTELLO DI GABIANOです。古い古城ですね。ビンテージは2012年、良い出来栄えです。

ということでお好みの調味料で頂いた次第です!

LINEで送る
Pocket

トマト

LINEで送る
Pocket

IMG_0786今日はビタミンCたっぷりのトマト麺です。身体が欲しています。

いつもは濃厚タイプですが、今日は新作の3種類のチーズタイプを食べてみました。

違いはやはり、スープの濃さというか、ガーリックとピリ辛がないので、かなりあっさりしていました。残念ながら、3種類のチーズですが、いまひとつ種類が分かりませんでした。看板ではあきらかに3種類を分けているようだったのですが……。

こちらも水菜が入っていて、見た目もチーズ、水菜の緑、トマトの赤とイタリアンっぽくていいですよ。麺はパスタというか縮れ麺じゃないラーメンというか、ストレート麺です。

以前、イタリア語学校で教えてもらっているイタリア人にトマト麺の話をしたら、ちょっと、ひいてました(笑)。やはり、マンマのパスタじゃないと的なニュアンスでしょうね。

賑やかに祭(お神輿)の準備をしている姿を横目で見ながら、大正通りを少し行ったところにある「セロリの花」でのトマトスープ麺でした。

 

LINEで送る
Pocket

ハンバーグ

LINEで送る
Pocket

ハンバーグ

 ここの凄いところは、ハンバーグのメニューが豊富なこともありますが、デトックスタイプのミックスジュースがあることです。これを大変気に入っています。今月は生活習慣病に効くものでした(私にピッタリ?!)。

今月のミックスは、金時草(きんじそう)、青パパイヤ、キュウリ、ミョウガ、ブドウ、ナシの6種類です。何回かに分けて、ゆっくり味わいながら飲むと、金時草以外の味は舌で拾うことができました。これは、ワインのテェイスティングと似た方法で味を探しにいきます。しかし、金時草は恐らく苦みと思いますが、この紫部分を作っている要素ですが、そのものを食したことがないので、探し当てられませんでした。香りはそれほどないです。

さて、このジュースにサラダ、ご飯(宮城のひとめぼれ)、お味噌汁、そして、本日は粗びき180グラムでお願いしました。

山本のハンバーグでした。

 

LINEで送る
Pocket

現場見学 第二弾!

LINEで送る
Pocket

 

皆さま、こんにちは。

住宅ソリューションズの高瀬です。

本日は現場見学レポート第二弾!

THINKAⅡ 施工見学について書かせていただきます。

 

この日は、朝一番で現場に向かいました!

まずは図面を見ながら、給湯・給水・排水の立上位置を確認。

初めて目にする光景に、思わず1枚。

 

こちらは2450特注サイズのステンレス天板を開梱した様子です。写真では伝わりづらいかもしれませんが、かなりの迫力があります。

 

実際に施工する様子を見て一番驚いたことは、現場状況にあわせてその場で判断しなければいけないことが多いということです。

現場をよく知る皆さんは「そんな当たり前のことを…」と思うかもしれませんが、職人さんの決断力と作業の速さには、本当に驚きました。

 

 

今回のキッチンの特徴は、キッチン側とダイニング側で扉カラーが異なる点です。

こちらはキッチン側。

扉材にはアイカ工業のメラミン化粧板を使用しており、リアルな木目が再現されています。

コンロはリンナイのデリシアです!機能性が高く、専用のダッチオーブンも人気のシリーズ。実際に拝見し、デザインが美しい!と評価されている理由が分かりました。

 

 

ダイニング側は、深みのある緑色です。

 

扉には特注仕様で穴を開け、指を引っ掛けられるような造りになっています。

 

どちらも落ち着きのある色ですが、角度によって雰囲気がガラリと変わりますね。

シンプルでありながらも個性を持っているところが魅力的です。

 

今回は残念ながら最後まで見届けることができなかったのですが、後日完成のお写真をいただきました。

ご提供いただきありがとうございます!!

 

THINKAⅡの扉カラーは約1000色あり、扉ごとに色を変えられるため、自由に組み合わせることができます。

是非、カラーシミュレーションシステムでお楽しみ下さいませ。

 

このブログを通じて、少しでもTHINKAⅡに興味を持っていただければ嬉しいです。

お問い合わせをお待ちしております!

LINEで送る
Pocket

老舗とんかつ

LINEで送る
Pocket

IMG_0773このお店、私の知る限り46年以上、同じ場所でほぼ同じメンバーで続いています。

おぉ、まさにアットホームな老舗とんかつ屋さんの話です。

当然、店主は結構年齢高いですよ。私より相当(笑)。すごくないですか? この組織・メンバー。会社なら46年以上続けるのって、すごいことだと思います。8年目でヨレヨレの私ですから……

心をこめて

毎日、全く同じように、下処理したお肉に卵をつけ小麦粉3回、パン粉をまぶし、数種類のカツを揚げています。そして、たっぷりの千切キャベツの大皿の上に熱々のそれをサクサクってカットし、盛り付け、レモンとパセリを添えます。さらに、トン汁を椀にいれ、お新香皿をつくり、同じかたさの美味しいご飯を盛ってくれます。

青年期の思い出

18歳のとき、北海道の山奥から東京に出てきて私が住んだのが、ここ吉祥寺。そのとき、アルバイトに明け暮れ、お金が入ると、楽しみに下宿の学生たちと連れだってここに来て、美味しいとんかつを食べたお店が「美とん」でした。ランチプレートで安かったですよ、300円だったかな……。味もさることながら、店内装も当時といっしょです。私がきたとき、既に存在していたわけですから、46年以上との表現です。IMG_0771

ところで、とんかつを食べるとき、ソースの使い方、ほかの方はどうしているのだろう?

このシンプルな疑問が私のなかにあります。とんかつソースと辛子のつけ方です。

ソースの使い方

  1. とんかつに直にソースと辛子を塗ってしまう。
  2. とんかつに辛子だけ塗り、ソースは別皿で都度つける。
  3. ソース小皿にソースをいれ、辛子は大皿の脇に別にして、両方を都度つけていただく。
  4. ソース小皿にソースと辛子を混ぜていれてつける。
  5. ソースだけ直にかけて辛子はつかわない。
  6. ソースだけ小皿にいれて、都度つけながらいただく。
  7. その他の方法(例えば、ウスターソースでたべるとか、ソースを2種類混ぜるとか)

もし、コメントいただけると嬉しいです。私は4.です。少しツンと来ます(笑)。IMG_0774

どうですかね、美味しそうでしょう!

役員会の後、時々、食べにきます。

ちなみに写真は、今年4月に工務店の皆さんとミラノに行った時に食べた「ミラノ風カツレツ(Cotoletta)」です。とんかつのルーツ? かな。

cotoletta_alla_milanese

LINEで送る
Pocket

フレンチ

LINEで送る
Pocket

ゆったりランチ

フレンチでした。月曜日から飛ばしています。ランチぐらいゆったりの発想です。

プルミエレタージュ。美味しさを広瀬シェフが作ってくれます。

いつもお世話になっている(夜)イタリアンCICCIOの姉妹店です。徳さんがいらっしゃいます。ランチを始めたとのことで食べに行きました。鶏肉の赤ワイン煮込み。パンがまた柔らかで、しかも、もっちり。美味しかったです。午後の打ち合わせが控えているため、ノンアルコール。

おちつくお店、ちょうど良い広さ

店内も黒を基調に床にガラスタイルを使い、天井は開けて、テーブルも特別仕様で横が引き出しになっています。ワイングラスを壁いっぱいに掛けて、雰囲気満点。

昼も夜も楽しめるお店でした!

公園の交差点を三鷹寄りに少し行ったところの2階です。

LINEで送る
Pocket

地中海イメージで (ニョッキ、ムール貝)

LINEで送る
Pocket

今日は家ランチ。

まず、ニヨッキ、この料理を最初に食べたのは、もう20年も前にハンガリーに行ったとき、SHIPの小松さんと一緒でした。その時でしたね。

我が家のは、写真のように燻製チーズを削ってかけて完成。

ニヨッキだけだと、クリーム仕立でも、味が単調になるので、最後まで美味しさが続かないこともあり、ズッキーニをオリーブオイルたっぷりで炒めて塩アクセントに仕立てています。残念ながら、庭のズッキーニではありません。高温多湿、雨のせいかズッキーニはできませんでした。

ワインはマルケの白。ヴェルディッキオじゃないです。ペコリーノかな。

家で作って食べるものいいですょ!

それから、地中海といえば、魚介。

ムール貝をトマト、白ワイン、ニンニク、バジルで調理しました。もう、飲みながらに決まっています。バジルとイタリアンパセリは、庭からもぎ取ってきました。サラメなども。

味は BUONO! BUONISSIMO!

目に浮かぶ景色は地中海です。味もさることながら、全体のイメージですね、重要です。

LINEで送る
Pocket

お気に入りの焼きそば

LINEで送る
Pocket

サンロード中ほどの信号を過ぎて郵便局を右に曲がると、目的の「聘珍楼(へいちんろう)」があります。言わずと知れた中華料理です。時々、ここの焼きそばを食べたくなります。

凄いですよ、具の多いこと、幸せなこと。

麺は「片面焼き」を頼みます。

話題の具の種類ですが、チャーシュー、キクラゲ、エビ、白菜、キノコ、タケノコ、イカ、小松菜、ニンジン、アスパラ、鶏肉。なんと11種類。これらにあんかけと麺が(*´ω`)とからまります。ここに黒酢と西洋辛子をつけて、いただきます!

まさに栄養満点です、静かなお昼時、ゆっくり本をめくりながら、焼きそばタイム。どういう訳か年配の方が多いです。

美味しさ、伝わりましたか??

LINEで送る
Pocket