LUCIANO PAVALOTTI

LINEで送る
Pocket

ミラノスカラ座でオペラがはじまったとのことです。

オペラネタで一つとの思いで。

LUCIANO PAVALOTTI(ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール))販売レコード数1億枚「キング・オブ・ハイC」と讃えられたスーパースター、20世紀最大のテノール歌手。

その明るく豊かな声の持ち主は、絵画も、また明るく色彩豊かで構成力ある構図の絵を残していた。パヴァロッティの自宅を見学すると、各部屋にはパヴァロッティが余暇に描いた絵画が飾られていた。

ヨットの構図みてください! 

なかなか描けないですよ。強い色彩を残しながらの遠近です。

非凡ですね!

折角なので、オペラの話です。ちょっとご覧ください。

写真はシチリアの野外で楽しんだオペラです。たまたま日本人が出ていましたが、写真に収められなかったです(💦)

すごい田舎ですが、皆さん、それぞれ楽しむ様子が伝わりましたでしょうか?

LINEで送る
Pocket

イタリアの温泉(Terme)

LINEで送る
Pocket


●温泉(terme)

皆様、温泉はお好きですか?

ちょっと、イタリアの温泉のことを書きます。イタリアで温泉を訪ねたことが2度あります。そこで、違いを知りました。日本では、リラックスする温泉のイメージですよね、ストレス解消。冬場のあたたかいイメージ。お酒に食事。

イタリアでは、温泉は古代から親しまれていたようです。古い絵画が当時の様子を物語っています。

で、日本の温泉とは違いますね。

疾病の治療を目的とした施設になっています。

まぁ、病院でしょうか。大勢の人々、子供や老人もいました。吸入療法(鼻や喉や気管支)を皆さん受けていました。写真の案内のように泥(FANGO)を塗るコースもありますが、治療です。

●UN CERTIFICATO MEDICO

泥を塗ってもらって、お肌ツヤツヤにと思っていました。が、「お医者さんの証明書がいる」、とのことで入ることができませんでした。

施設は、古い建物で(確か中世?1200年ごろからと言ってました)大勢が治療をうけられるような規模でした。イベントも盛んにやっているようでした。

元々はレクレーション性もあったようですが、そのような温泉文化も宗教価値や異民族の侵略などによって、現代の治療スタイルになったようです。

傍に温泉プールがあったので、そのでエクササイズをして、健康になった気分で過ごしました。温泉の話でした。

LINEで送る
Pocket


ワインソムリエ資格

LINEで送る
Pocket


●ソムリエ  O ノムリエ(笑

実際はノムリエで「ノ」の字がなかなか「ソ」にならない、まさに“画竜点晴を欠く”状態の私ですが、先日、元の職場の知人がソムリエの資格を取得したとのこと、とても嬉しく思った次第です。

この資格は齢を重ねても趣味と実益というか、長く楽しめる知識となって、食との関係や友人とのコミュニケーションツールとして、有効な資格と感じているからです。

実際、私自身が、イタリアのソムリエ資格(フランスワインの知識はあまりないです)を頑張って取ったあと(試験に合格)、その知識を少しずつ拡大させながら、人生を楽しんでいます。つい先日も21年前のバローロを愉しみました。美味しかったです! 会話が弾みました。

 ●「旅」と「食」と「ワイン」、そして文化を愉しむために!

とても気楽に日本にいながら取得したのですが、先日ローマの中心街のレストランで同じ資格の修了証書が壁にかかっていたので、「あぁ、凄い資格だった!」あらためて思いました。

ちょうど、基礎1、2研修を終え、マスターコース研修を終えて、ローマ研修のときブラっと入ったレストランでの出来事だったので、感慨深さが尚更ありました。

写真はローマのレストランに掲載されていた修了証、少し赤っぽい小さいのが私の家に掛けている修了証です(同じです)。

●ローマ研修の風景

毎年、日本でも開催されています。ご興味のある方は、アクセスください。

http://www.italia-vino.com/

本部としては、Worldwide Sommelier Associationです。

FIS(Fondazione Italiana Sommelier)がイタリアで行っているコースを世界に向けたWSA(Worldwide Sommelier Association)コースとしてイタリアワインだけに特化して構成されます。

 

 

LINEで送る
Pocket