LINEで送る
Pocket

■雪のイメージ

 

まだ、暑いこの時期に相応しくないテーマかもしれませんが、テレビで「散り椿(岡田准一主演)」を見ていて、降りしきる北陸の【雪】のシーンがいくつかあって、格別に懐かしい【雪】を思いだしながら見ていました。ということで。

 

英国のエリザベス女王の死去にともない、新国王の戴冠式があるのでしょう。大英帝国。

コ・イ・ヌール、ダイヤモンド(光の山)がキラキラと散りばめられた大粒の宝石に飾られた王冠を冠り水晶玉の杓を握りしめた荘厳な新国王の姿が目に浮かびます。

 

このインド、パキスタン、イラン、アフガンなど、大英帝国の権力と欲望の歴史、血塗られたキラキラのダイヤモンドの歴史。同じキラキラでも雪のキラキラは欲望と無縁です。

私のなかの雪は目にする風景すべてが銀色にキラキラと輝く目映いものです。

 

もっとも印象的なのは、大学受験に夜行列車で東京に出てきて(生まれて初めての遠出)、試験を受けた後の長い帰路、青函連絡船から函館本線の列車に乗り継ぎ、トンネルを抜けた瞬間の「雪景色」。生まれたての朝日に輝く新雪でした。

 

「なんと美しいのだろう!」

 

柔らかい朝日の暖色と新雪の純白が樹々の葉や山々全てを光の山に変えてくれます。

 

【雪】というのは不思議です。

日常の【雪】と生活する地域の人々との関係性が【雪】の印象を大きく変えます。

 

大学の美術サークルの部室での出来事です。

新潟県、小千谷市出身の先輩のトラックの後ろの絵、トラックの後ろに【雪】が積もったデザインだったことから、【雪】のイメージカラーについて私と議論になりました。彼は「黒」という。私は前述の感動のこともあって、一番好きなカラーである「ブルー」。

 

後になって、彼の住んでいた地域の湿度たっぷりの重い雪。豪雪に閉ざされた長い冬。

一方で傘もささずにサラサラとした北海道の軽い雪。生活の大変さはあるけど、印象が全く違う。

もちろん、降りしきる雪は、遮音性も高く静かに津々と降るわけです。そのことは、否が応でも周辺の人々の心を内面に向かわせます。だからこそ、心象に響くと思っています。

そんな雪の回顧。

 

心象風景。【雪】。

私にとっては、美しい雪化粧。キラキラと輝くイメージですね~

 

LINEで送る
Pocket

VUCA時代の経営方針

LINEで送る
Pocket

■不透明時代のバランス経営

 

VUCAの時代と言われてから久しい。さらに、混迷・不透明化は進展している。まさに、コロナ、ロシア・ウクライナ、原油インフレ、ゼロコロナ政策と不透明に満ち溢れたVUCAの時代だ。VUCA、即ち V : volatility : 変動制、U : uncertainty : 不確実性、C : complexity : 複雑性、A : ambiguity : 曖昧性、といかにも不気味な単語が並んでいる。その一方で反グローバリゼーションも大国のパワーの下に進展している。

 

こんな時代にあって、ヒトの発想は、不安がつのりネガティブでリダクションになりがちだ。テレビの経済番組では、「世界同時不況」のキーワード解説が語られ、明日にも世界の経済が不況に陥るかのような発言がある。記録的な円安も協調介入以外に術がなく解消の道のりは遠い。反グローバルといっても、世界経済はつながっていて、影響を遮断することはできないことは過去の出来事が示している。

 

奇しくも9月11日、あの世界を驚愕させた出来事から21年だ。いま、新規事業の取り組み、一旦商品を借入金でバリューアップするプロジェクト型の事業の危険度合は高まる。回転速度が求められる。だが、上下左右の変化」はチャンスということと、騒がれている間は意外にブレーキが効いて事は起こらないこと。危ういのは茹でガエル状態のときだ。誰もが酔いしれているときに事は起こるものである、ショッキングこのうえない事が……。

 

こうした不透明の社会フィルタは事業参入の障壁があると同時に一段の効率性をもとめられる。不透明の時代を意識しながら、少しずつ、歩を前に進めたい。

 

VUCA対策としては、V : volatility: 変動制に対しては「ブレない」、U : uncertainty : 不確実性に対しては「確実な」、C : complexity : 複雑性に対しては、「シンプルに」、A : ambiguity : 曖昧性に対しては、「的を絞った」こうなる。

バランス経営:エッジを立てて進めましょう。

LINEで送る
Pocket

真似された、マネタイズ(笑

LINEで送る
Pocket

■真似されたマネタイズ(笑

 

どのような新事業においても、開始当初は、手探りでノウハウを身に着けるための時間が必要だ。想定外の出来事が続くからだ。例えば、住宅設計系の新規事業も3年を経て、ようやくテイクオフ、現在にいたる。

 

ビジネスモデルでチャリンチャリンと音を奏でるには、仕組みを整える期間が必要。そこから常に点検して修正していく。

 

さて、新規で始めたリノベーション事業も案件単位で原価計算しているが、最初は収益がマイナスでも構わないから、インパクトのあるデザイン、購入者を想定した間取りにチャレンジしている。収益のマイナス部分は授業料である。

 

こうしたOJT・学びの姿勢、デザイン理念の部分で妥協してはならない

 

すなわち、リフォームと違うリノベーションの在り方。新しい機能や価値がないとリノベーションじゃない!

つまり、インパクトのあるプランニング。

しっかりした施工体制。 組織力(チームワーク)の構築。

他社とどこが違うのか?!  こうなる。

 

結果、玄関ドアを開けると、内見者の想像を超えた世界が展開できる。

まさに、バリューアップ事業。それがインパクト。

 

確かに古い建物の浴室は、1216サイズの仕様が多々ある、これを1317サイズ以上に変更すると、壁をいじめることになり、周辺の間取プランを全て変えて配管工事をすることになる。簡易なリフォームでは、この間仕切壁を変えることは少ない。コストがかかり過ぎるからだ。

 

だが、リノベーションは違う。惜しみなく手を入れなければならない。

 

最初は赤字でも、物件をこなす過程で、創意工夫、ノウハウの蓄積によって、収益を改善していくことになる。当初、不動産仕入の段階でプランニング、仕上表を作成して工事見積を取得して詳細チェック、仕入物件の事業シミュレーションを実行した。

 

だが、その過程で驚くことが生じた。

 

物件の仕入値はとても重要なファクターである。販売価格のシミュレーションとともに、仕入価格と販売予想価格の上下限をセットで考え、売買差をみないと失敗する。

 

数か月間、仕入の段階で競合になった物件で、仕入値をアップして、再度、申込するかどうか、不動産業者から連絡がはいった。

 

が、取得限界価格だったので、設計済み、工事見積依頼をしていたが見送った物件がある。

当然、弊社は購入できず、別の企業が取得した(だろう)。

 

この先が驚愕Σ(・□・;)!

 

なんと、しばらくして、弊社の描いた見覚えのある設計図面と仕上表が添付されて、大手建材商社から弊社に見積依頼がきた、弊社のオリジナル設備品に対してである。弊社の会社名も入っている。著作権侵害……。ギョ!

 

要するに設計図面や仕上表がそっくり利用された。

 

オーッ。

そんなに良い設計(プランニング)だったのか(笑)。

安心した。これならいける

工事前にちょっぴり自信が湧いた事件だった。

 

勿論、お客様を思う弊社の理念まではコピーできない。だろうなぁ ($・・)/~~~。

LINEで送る
Pocket

小樽風情

LINEで送る
Pocket

室生犀星の「小景異情」 ~ふるさとは遠きにありて思うもの~

とのことで、故郷は帰るところじゃない。こうなるわけだが、年を重ねて故郷を想うことがしばしばですかネェ。

 

皆さまも、故郷を近くに手繰り寄せたい、この発想ありますかね~

もう住んでいる方、故郷の無い方はこの問いを無視してください。

 

年齢が後押しする発想なのか、最近、ようやく故郷に貢献したいとの思いが少し沸いてきた。

この年にして……です。

 

フツフツと沸くというより、ジワーッと、かなァ。

沸いてきた。烏賊の一夜干し(これは美味い)を食べたいこともあるが(笑)、沸いてきた。

 

故郷は自分史として歴史が浅い北海道。

だから、この思いは即、移住当初の祖父母に直結する。

 

当時の夢追いは「北前船」廻船だ。

一往復で数千万円から1億円稼いだと噂もある移動手段による仕入販売(需給)のビジネスモデルだ。

しかし、我が家の祖父母とは無縁である。土木建築系だったから。

 

恐らく、当時の北海道の玄関、小樽から船で、生誕地の利尻・礼文、稚内に入ったことが想像に難くない。その移動から、北海道での私の歴史が始まったわけだ。

 

新潟から小樽、小樽から稚内・宗谷岬。まるで歌のようなフレーズである(^^♪。

当時の小樽はニシン漁で沸きあがっていた。ニシン御殿は大きな屋根の上に越屋根より少し大きいぐらいの屋根がちょこんと乗っかつた形の家で、その塔になった部屋からニシンのうろこが光を浴びてキラキラと銀色に光るのを観察して出漁したらしい。まさに歓喜のダイヤモンドの輝きだったろう。

余談だが、ニシンでのマネタイズは、ニシンで作った肥料だったようだ。

 

 

さて、私の祖父は、山にダイナマイトを仕掛け、橋を作り、原野を拓き道路を作り、レンガを積んで家を建てる、土建業。

西部劇的な半狩猟民族型の生業だろう。

 

士族で入植した屯田兵とは違うから、こんなにバラ色の生活、一獲千金が待っている的な、呼び込み移住で兄弟や親類一族での移住となったことだろう。

 

移住、夢はあるが、現実の困難さは半端ない。

苦労に苦労を重ねて、「現在」を作ったに違いない。

 

間違いなくチャレンジャーだ。

開拓(開墾)的な農家は、特例法的なバックアップをうけての入植だっただろう。耕した分だけ自分の土地になるという。混乱と新しい息吹が重なる明治の時代、祖父の妹が今でこそ美しい丘に変貌した荒地の美瑛に入ったのは、そういう特例法が原点だ。

 

青森、秋田、新潟県からの移住が多かったらしい。

地名「北広島」は広島の人々。「伊達」は新政府に追われた伊達藩・仙台の人々。……。こうなる。そういえば、移住大国アメリカの地名のつけかたも同様である。

 

 

さて、故郷への貢献。一体、何ができるのだろう?

 

小樽の運河、当時の海運倉庫群を見ながら考えてみた。

 

人間より牛が多い地域だからと言って、今さらチーズ作りはできない、

日照時間の問題を横においても、ワイン造りはできない(苗を育てる時間で死ぬだろう(笑))、嗚呼、一体何ができるのか?

ワイン飲むことは得意だ(笑 ……✕

 

この地は海鮮や農作物は美味しいけど、素(フレッシュ)な味。

サービスセンスを加えたレストランとかは少ない気がする、だが、私にそのセンスはない。

食べるだけだから、こっちも……✕。

 

結局、サスティナブルなデザインの良い社屋を建設して、雇用創出できないものだろうか?

自分にできる数少ないことだ~

 

私に限らず、この年齢になると少なからず、帰趨本能としての故郷貢献が頭を過ぎるのだろう。かなぁ~。

 

そのうち実行できるかも、知れない。……。誕生日を前に考えたこと (笑)

LINEで送る
Pocket

良き企業を目指して~

LINEで送る
Pocket

■あらためて「良い企業」になりたい

 

月曜日にリノベーションの第1号の物件仕入を行った。

今月末に第2号が控える。

新しいことはワクワク感がある。暑い日だったので汗だくだったが、嬉しい疲労感だ。

リフォームとリノベーション、リノベーションはインパクトが必要だ。

Housolらしいバリューアップ。

キッチンを主体に設備を上等にしたい。可能なかぎり、間仕切壁を変えてインパクトを作り込む。

そんなチャレンジ(前進)開始だ。

 

 

人間はゼンマイ仕掛けの人形のように、常に前進するようにできているのだろうか?

 

上場企業と非上場企業の境界には大きそうな(?)壁がある。

どのような壁か?

 

株主約束とか、おおやけ性(監査法人、証券市場)の問題。

大企業と中小企業の違いのこと。

社会的な信用のこと。

……コンプライアンス確実性のこと。などなど。

 

多くの企業はなぜ上場を目指すのか?

裏を返すとそういうことでもある。

 

採用に優位、「あぁ、あの会社ね!」、と親兄弟や親類から認められる。

そんなことが、一流と二流の差(?)

企業価値が将来性を含めて評価され、創業者利益が得られるかどうか?

大抵のヒト、そのように思って他ならない。

 

だが、である。

 

痛みもある、上場維持費用。

過剰なコンプライアンス。

毎年、対前年対比での拡大査定。

もっともっと、右肩上がり約束の業績

役員の株式放出のタイミングの難しさ。

自分たちらしさの消失。

 

 

良い企業とは、どういう企業か?

常々自問自答してきた問いである。

 

大きいから良いのか、小さいから悪いのか?

国際的だから良いのか、ドメスティックだから悪いのか?

知名度が高いから良いのか、知名度が低いから悪いのか?

株主がたくさんいて株価が高いから良いのか、オーナー企業はダメなのか?

 

……

 

とうとう、コロナ、円安材料高、職人不足などの影響もあり、工務店・設計事務所主体の共同仕入事業の引き合いが乏しくなってきた。家の建築は仕入が強い大手に流れている。

 

予想の範囲ではあるが、業態を進化させざるを得ない。

 

そこで、事業を進化させられる企業が良い企業。この定義はどうだ?

象より鼠、小回り有利の発想だ。

 

実は、こうした位置づけで臨んでいる、いまが自企業も含めたリノベーションの時である。

起業時のロゴは多様な人々へのリスペクトをイメージした(2011年)、黄色ヒト、青ヒト、赤ヒト、緑ヒト、黒い文字で5色。

LINEで送る
Pocket

新経営スタイル

LINEで送る
Pocket

最近の想い。

わが社は、新時代の経営スタイルに移行しなければならない、ということ。

世界が混乱に満ちている今が時代の転換点だとおもう。

 

仮に適当に操作できるGDPを成長の「ものさし」とする時代は終焉した、とする。

 

確かに企業は黒字でなくてはならない。

が、「ものさし」を、【国や企業の豊かさ】としたとき、

それが格付けとなったとき、何が変わるか?

もちろん、国際的にみると地域によって具合(事情)が違うだろう。

 

ヒト、人間の【豊かさ】。お客様、社員、取引先の【豊かさ】

そこが充実することを会社の価値と位置づけてみよう。

 

前年対比の売上・利益伸展率は補足情報。

成長し続けなくていいわけだ。成長モデルの後退。

 

この考えは、同時にお金(貨幣)の意味も問うことになる。

「自由」や「自立」の手段がお金の意味だとして、

現時点の自由度や自立度はどのくらいなのか(CF)? 満足度合は?

 

自分自身、会社自身をモノ化する作業。

今後、インフレ時代が到来したなら、一層顕著になることだろう。

M&Aのデューデリに該社およびステークホルダーの【豊かさ】という項目をいれてみよう(笑)。

 

【豊かさ】の解剖:

豊かな社会にはデザインが進展する。美しいと豊かさ。

人生は内面から創る美学である。自分自身を彫刻している日々の所作。

ヒトは美しく年をとらなければならない。

美しいことは魅力であり、魅力があるから美しい。そこに人間性が横たわる。

虚偽や怒りや争いは存在しない。否、しないはずだ~

内部告発制度、悲しい制度である。責め合う、擦り付け、適当に繕う企業風土とは無縁でいたい。

 

年中裁判をやっている会社がある、裁判量ランキング。

利益を追求するあまりに社員の満足度が乏しい会社がある、社員満足度ランキング。

(弊社も怪しい、これは改善余地多大(;^_^A))

お金で入社するとお金が原因で退社する。お金以上の企業の魅力を挙げてみよう。魅力度ランキング。

社会貢献度ランキング、環境意識ランキング、、

などなど

 

隠れた・見えないところの美を追求することで磨きがかかり、本物に近づく。

時間をかけてコンプライアンス教育をすることよりも、ヒトの美はどうあるべきか、こうした基本が原理原則となって、

企業遺伝子となって、経営を運ぶことになる。

 

社員にはプロ意識を涵養したい。

お客様のために、目的にフォーカスしてきっちりプロの仕事をする。

 

 

成長:ほどほどが良いですよ~

相変わらず、恰好をつけています(´∀`

へへ($・・)/~~~

 

LINEで送る
Pocket

風土遺伝子

LINEで送る
Pocket

誰かの役に立ってはじめて「自分の存在意味」がでてくる、ちょっと、恰好をつけたかもしれない。

 

このスタンスを軸にもっているつもりだが、そう簡単ではない。

いつも私的な欲望や願望がチョロリと顔をだしてくる。($・・)/~~~

 

だから、点検が必要になる、チェックポイントは何か?

「相手の立場なのか?」、「公平なのか?」……

 

出身地の作家ということで、三浦綾子さんの代表作である「氷点」、「塩狩峠」を休日に読んでみた。

ちょうど、名寄(高校時代)から旭川(今の実家)の路線が舞台であり、地名とか季節とか、言葉づかいが肌で分かった。独特の歴史風土が共通の環境にあるわけだ。

 

さて、凄い創造力と描写力だと思った。随所に作家自身の実体験と詳細調査した専門用語をキラキラと散りばめて、流れとしては、丁寧で上手なものだ。しかしながら、前提が聖書のフレーズが各書籍の基盤に存在していて、そのことを伝えるための書籍になっていた。

 

こうした作家の作品の読み方は、最初からしばらく読んで、最後の数十ページを読む、そして、中火で中パッパ。こういう読書術になる。

これでもかという具合の修飾子合戦が続くとずっしり重くなるからだ。

 

で、「汝の敵を愛せよ」といったテーマで描くにしても、軽く、相手を思いやるというのとは、根本的に違う展開をシナリオ化していることに度肝を抜かされる。

もともとが深い理解の発想だからに違いない。

 

が、残念ながら凡人の「私」に置き換えることは距離があってできない。

 

やはり、軽く誰かを思いやるとか、自分の存在を確認するとか、

自己責任とリスペクトとか、そういう常人のレベルが私には分かりやすいと思った。

 

久々の読書感想でした(笑)

LINEで送る
Pocket

新規事業のワクワク感!

LINEで送る
Pocket

チャレンジしなかった後悔はやめよう。

 

ということで、住宅は【リノベーション】にチャンレジ。

ITは【人工知能(AI)】にチャンレジ。

やってみないと、分からない。

深く考えて他にないノウハウを身につけること。

自分でメチャクチャ考えて、調べて、観て、また考える。

他をあてにしない。

 

「自分たちらしさ」が何なのか。ここが重要。

 

例えば、廉価に部材が入る優位性。

オリジナルで部材を開発できるチャンネル。

設計業務部隊がいる頼もしさ。

住宅建設業務や法律が分かってIT展開ができる実績。

リノベーションのテイストは数多ある。

AIのテーマも事欠かない。

 

さてさて、人財の確保に奔走する経営陣。

こんな構図だ。

 

事業部長候補も募集中(笑)

LINEで送る
Pocket

ごめんですまないシステム品質

LINEで送る
Pocket

時間を戻したい。

こう思ったことは何度もある。

しかし、一度も時間を戻せたことはない。

やり直しというのは、リセットではなく、積み重ねの範疇だ。

この豊かな経験値(のはず)を得た現在になって積み重ねの重要性に気付く。

結局、

やるべきことは、ポイントを絞って、大きく外さない。

これに限る。

適切なストレス。

だいたいの体調管理。

他人の不出来を気にしない。

丁寧に何度でも協調すること。

 

こんなことになる。

「人財」というのは簡単だが、育成は難しい。

いくらキャリアパスを形成し、教育プログラムを導入しても

失敗にまさる経験値(知)は出来上がらない。

企画は10回に2回の成功で万々歳。

 

だが、システム品質は企画のようにはいかない。リスクを多方面からチェックして、品質を担保しなくてはならない、適当とかいい加減の許されない世界だ。

特にインフラ系や金融系は~。

 

若いころ汎用機のOS設計に携わったお陰で(いや、100万ステップで二つ目の不具合で始末書を書かされて)強くなった。いきなり、アプリが動いている状態で端末のコンセントを抜かれ、試験課は鬼だと思った時代だ。

プロジェクトの環境が人を育てる。問題プロジェクト(モンプロであり、モンハンではない(笑))の経験が今に活きる。

 

LINEで送る
Pocket

失敗を嘆くことなかれ!

LINEで送る
Pocket

20220620

日曜日の夕方、ユーチューブを見ていた。

「全日本大学駅伝 関東地区予選会」である。

残念ながら、応援していた大学の本戦参加は叶わなかった。絶対に大丈夫と思っていただけに、この厳しい現実を前に考えさせられた。

「確実」が求められるなかでの出走人選の難しさ。複数の経験者で実績の高い選手が選ばれなかったなかで、初めてのメンバーも入っていた。結果的に初めて出走選手の記録が足を引っ張った。駅伝監督の立場になって考えると、様々なことを考慮しての人選だったに違いない。恐らく、選手よりも監督が一番不安だったかもしれない。

気になったのは、監督と選手はこの予選会に臨むにあたり、どんな話し合いをしたのだろう。どんな向き合い方をしたのだろう。ゲームプランのシミュレーションはどうやったのだろう……。

・選ばれた選手が当日の気候にどれだけ強いのか?

・重圧をはねのけるメンタリティの強さはどうなのか?

・直近の記録会で失速したスタミナは克服されたのか?

・前半の組の結果で後半の組はどのような作戦でいくのか?

などなど

 

こういったチェックポイントが、平常の力を出せるかどうかの鍵になったようにみえた。当日は蒸し暑かった。30℃近い気温で湿度も70%前後での開始だった。特に、最初の2組は日が照らすゾーンもあった。この環境は全参加者に共通ではあるが、個人の対応力の強さは全く別物だ。

監督業は、全体の資産をフル活用して結果を残す企業経営と似ている。

では、私ならどうしただろう?

勘に頼らずにデータでサイエンティフィックに人選したと思う。パラメータはたくさんある。当日の風や温度・湿度といった環境との相性、個々人のメンタルの強さや難所対応力や戦歴実績、直近の状態、怪我からの復帰状態や健康データ(筋力の状態など)のトレンドをデータベースとして構築し、フィードバック系のある判断プログラムに任せる、何とも味気ない話になってしまった(笑)。

だが、「確実」を求められる試合では、このシステムは頼りになる、間違いが少ない。その積み重ねを続けることで素晴らしい判断につながることは確かである。

確かに、やる気の測定は難しいが、やる気だけでもダメだからだ。

 

少し過剰に反応する自分は経営者に不向きと思った時代もあった。

向き不向きは大切なことだ。だが、過剰に反応するとか、臆病というのは、むしろ失敗しづらいと考えて気を取り直した。

それでも悩み、落ち込むことがしばしばある。

経営というのは予想外がつきもので、外部企業との関係性で成り立つ世界だから、そう自分の思った通りにはいかない。

計画が未達だと、その原因をつきつめ、解決プランのもとに行動するといった、PDCAサイクルを何度か回す。

いつしか、最悪の事態を想定しながら、準備を怠らなくなる自分が育つ。それでも簡単にはいかないから、数字が作れるまで、結果が出せるまで、多くの一次情報を収集し、選り分け、考えに考える。パフォーマンスを出すというのは簡単なことではない。

個人の状況、家庭の状況、取引先の事情、社会の情勢といくつもの要素のなかに自社が置かれ、なおかつ、結果を出さないといけない。だから、100%思い通りと考えると大失敗となる。想定外のときにどのように振舞うか? この対応力が重要となる。同時に相手の資産を活用してキャッシュを得るような虫のいいビジネスは長続きしないから、最初から考えない方がいい。紹介していくら、みたいなビジネスのことである。

それぞれのプランに余裕をもてるぐらいの、自社のビジネスモデルをどう作るか?

ここにフォーカスして、少ない資産を集中させる。ビジネスモデルというのは魔法の杖だ。できればキャッシュを生む自動製造機になってほしい。こう願う。

その事業にとって、いま、何が最大のポイントなのか?

この一点で方策を練る。

それから、相手の立場になって、考えて分かり易い伝え方になっているのかの点検も怠らない。伝え方・見せ方で結果がかわってくる。

以降の駅伝イベント参加では、コンピュータが推測を苦手とする、開き直りの度胸をもって勝ち進んでもらいたい。なお、若いうちの失敗は人生の宝だと思う。結果的に失敗した選手もその宝の価値に気が付く日がくることでしょう。また、弱さがあるのが人間であることも……。

 

LINEで送る
Pocket